味わう

味わう

人生を豊かに楽しみ多くする「感性」磨き。和の美、茶の美、季節の和菓子や料理、折々の装い、芳しい香り、使ってみたくなる工芸品、心躍る舞台、芸能、、。見るだけで心が潤います。

記事一覧

2024.02.16
一器・一花・一菓 〜古赤絵の仙盞瓶 〜 「花いらず」生けてこそ 紅白の梅と有楽椿を
2024.02.02
一器・一花・一菓 〜李朝白磁の塩筍茶碗〜 ご無沙汰を詫びる
2024.02.01
拾穂園日乗 〜立春にぎやか干菓子〜 名古屋・円頓寺の松露堂
2024.01.26
詩画書 安保育子さん癒しの境地 水墨・墨彩展「梅 早春を開く」 自然と一体 魂再生
2024.01.24
拾穂園日乗〜淡雪かぶった灯籠〜冬枯れ一転の茶情
2024.01.19
至高の名筆20点ひっそり寄贈 徳川美術館 お宝初公開 市井コレクター勅使河原夫妻の心映え
2024.01.09
天翔け地を踏む圧巻の舞 加藤おりは 雅楽競演  「橦木館舞初め」大盛況
2024.01.03
拾穂日乗〜椿「微笑」可憐な表情〜 災厄続きの正月に笑み
2023.12.30
一器・一花・一菓 〜「豆昆布」消ゆ兎っとと〜  「その手は桑名の」龍を呑む 干支の交代式風に
2023.12.28
有楽椿 初咲き 戦乱の世に和を希求 武将茶人の心根映す清楚な花